みるみる痩せる喜び|ダイエット外来で劇的な変化

近年のダイエット事情

微笑むドクター

保険の適用が可能な病院

近年、低価格でメスを使わない手術方法の増加によって、美容整形に抵抗を感じない方、また利用者も増加していますが、特に人気を集めているのが痩身プログラムです。脂肪吸引で一気に痩せるプログラムもありますが、これには抵抗を感じる方が中にはいます。そのため現在では特殊なダイエット機器や注射、内服薬やカウンセリングを利用するプログラムが人気で、ダイエット外来と呼ばれています。ダイエット外来は、美容外科以外に対応している病院でも行うことが可能で、特殊なダイエット機器は使用しませんが、内服薬や漢方薬の処方、カウンセリングで対応します。美容外科と通常の病院のダイエット外来を比較した際、肥満体型を気にして、すぐに一般の病院を選択する人もいます。しかし美容外科では、一般的な医療施設とは違い施術方法によって効果を直ぐに実感することができるメリットがあります。美容外科ではほとんどの治療が自費診療となっていますが、ダイエット外来もあるのでカウンセリングから受けてみると良いでしょう。

厳しくないダイエット

近年ダイエット外来が注目されている理由は、個人でのダイエットの難しさにあります。一般的なダイエットのイメージとしては、激しい運動や炭水化物が多く含まれた食事の制限など、厳しさが大部分を占めます。また、途中でやめると以前より体重が増加することも多く、これがダイエットに絶望してしまう方が多い、大きな理由となります。一方、ダイエット外来の場合、個人に適したダイエットプログラムを医学的な観点から決定するため、患者に厳しい運動や制限を求めることはほとんどありません。睡眠不足や不規則な私生活の改善で対応でき、これが利用者増加理由の一つです。ただし、中にはこれだけでは改善できない方もおり、その場合、食欲抑制剤や脂肪吸収抑制剤、漢方薬の処方が行われます。治療薬の中には医療保険の適用ができないものもあるので、事前に医師に確認するようにしましょう。以上が美容整形と通常の病院のダイエット外来の違いです。それぞれの特徴を踏まえた上で治療に臨むようにしましょう。